大人気のピル、トリキュラーとは?

ピルの中でもトリキュラーが人気な理由

トリキュラーの画像ピルというのは経口避妊薬の俗称ですが、こうした錠剤は、毎日1回、1錠ずつを継続して服用することにより、100パーセントに近いほどの避妊の効果をもたらすものとして注目されています。このピルのなかには、女性ホルモンであるところの黄体ホルモン、卵胞ホルモンの作用をする物質が含まれていて、受精しないように排卵がされなくなったり、受精後の着床がないように子宮内膜が厚くならなくなったりします。コンドームのように物理的に受精するのをシャットアウトするものとは違い、女性の身体的なメカニズムにはたらきかけるものですので、効果もそれだけ大きなものがあるといえるわけです。しかし、ピルが開発された当初から指摘されていたことですが、錠剤中に含まれている卵胞ホルモンが多いと、副作用の症状も出やすいという問題点もあります。特に、昔はホルモンの量が多い高用量ピルや中用量ピルが主体であったため、吐き気、嘔吐、頭や腹、胸などの痛みといった症状が女性たちのなやみとなっていたのです。現在は低用量ピルとよばれる、ホルモンが少ない錠剤が主役となってはいるものの、あいかわらずこうした副作用のために、避妊目的での使用をあきらめてしまう人も少なくはないとみられています。そうしたなかで、トリキュラーという銘柄は、やはり低用量ピルの一種ではあるものの、一般的なものにくらべると、かなりホルモンの量が抑制されたものであり、しかも避妊の効き目そのものはかわらないという特徴をもっているために人気となっています。トリキュラーのような製品に関しては、超低用量ピルなどという呼び方をする場合もあり、これもホルモン量が少ないだけ副作用も少ないということを意図したものといえます。

ピルも学割が適用されます

ピル購入に学割が適応するのを知って喜ぶ学生カップルが避妊をする方法にもさまざまなものがありますが、コスト的に安価であって、手軽にできるということで、わが国では男性が装着するコンドームが主役となっています。しかし、装着にミスがあると避妊に失敗してしまうことにつながりかねませんし、なによりも男性の側が行うものですので、女性からは避妊について言いづらい雰囲気というものもあるものです。そこで、女性が主体的に取り組める避妊の方法ですが、比較的手軽なものとしては、避妊用の低用量ピルを服用するということが考えられます。この避妊用の低用量ピルですが、卵胞ホルモン、黄体ホルモンといった、女性ホルモンのはたらきをする物質が適量含まれた錠剤であって、単に女性の側が毎日服用することを継続しているだけで、ほぼ完璧に近いような避妊の効果を発揮できるという特徴があります。しかも、生理痛が重くて困っている人や、生理不順に悩んでいる人がこうした避妊用のピルを服用した場合には、女性ホルモンのちからによって、そうした症状が安定するということも期待されるのです。そのため、特に成人女性の避妊用ということではなく、学生などの若い人が生理不順を解消するといった目的であっても、こうしたピルが利用されるシーンというのはあり得るものです。ただし、現在のところ、月経困難症の治療などの特別な目的に限って、特定の銘柄のピルについて、健康保険が適用されて安価に入手できる機会はありますが、一般的な避妊用ピルについては、残念ながら保険の適用外となっています。そこで、ピルを処方しているクリニックのなかには、学生にピルを処方する場合、学割を適用して、安価に入手できるようにしているところもあり、注目されています。
▼万が一の為にアイピルを持っておき自己防衛しましょう
アイピル
▼今人気のピルのトリキュラーに配合されている避妊に効果のある成分
エチニルエストラジオール