大人気のピル、トリキュラーとは?

大人気のピル、トリキュラーとは?の掲載記事一覧

  • 2017年3月17日

    ピルは性行為だけではなく吹き出物にも効果的

    女性の中には、性行為における避妊目的でピルを服用している人がいます。 しかし、ピルの効果は避妊効果以外にもたくさんあります。 まず、ピルを服用することにより乱れていたホルモンバランスが整います。 その結果、ホルモンバランスの崩れが原因となっているニキビなどの吹き出物の改善にも繋がります。 ニキビの原因にも様々なものがあります。 例として、ストレス・食生活の乱れ・生活習慣の乱れ

    記事の続きを読む


  • 2017年2月13日

    アフターピルであるノルレボの特徴と金額は?

    ピルにはいくつかの種類がありますが、その中でも避妊に心配した際に服用することで妊娠を回避できるピルに、アフターピルと呼ばれる緊急避妊薬があります。 セックスを行う際に男性側が避妊をせずに射精してしまった場合やコンドームを装着しているにもかかわらず破けたり途中で外れたりしていて避妊に失敗した際に、72時間以内に服用することで望まない妊娠をしなくても済む薬です。 アフターピルを服用後、数日

    記事の続きを読む


  • 2017年1月2日

    ラテックスのピルの服用と急性発症に関して

    最近の女性にとっては非常に大きな問題となっているのが、女性においてはより多くの人達が自分自身で避妊することが難しくなっているということです。特に、避妊に関しては原因となる発端は男性なのですが、男性の精液を女性の体内に取り込ませないように発射台をコンドームにより防いであげる必要があります。しかし、そのようなコンドームをつけることによって男性は気持ちよさが失われてしまう人も多くなっていることから、より

    記事の続きを読む


  • 2016年12月1日

    ピルの歴史と腺筋症について

    最近、日本でも注目を浴びているピルは、歴史が長い薬です。1930年代に、アメリカで生理痛を和らげる物質が発見されます。そして、1960年に、アメリカで世界初の経口避妊薬が認可されます。ただ、その時代のピルは高用量で副作用も強かったのです。その後、副作用を改善して、1973年に世界で初めて低用量ピルが開発されます。しかし、日本で低用量ピルが認可されたのは、1999年になってからでした。低用量ピルは、

    記事の続きを読む


  • 2016年10月21日

    続発性無月経の治療にも使用されるピルは太りやすい?

    続発性無月経とは、それまでは順調に来ていた生理が何らかの原因によって3か月以上も来ていない状態のことを指します。 続発無月経の原因として考えられるのは過度なダイエットや過食による体重の増加あるいは虚飾による急激な体重の減少、精神的なストレスや激しい運動などによって起こることが多いとされています。 多嚢胞性卵巣症候群やホルモン治療、流産や人工中絶による子宮の裂傷、高プロラクチン血症などに

    記事の続きを読む


  • 2016年9月18日

    無駄が手間を掛けずにピルを最安で手に入れるには

    ピルは女性にとって非常に便利な薬なのですが、唯一問題があるとすると簡単に手に入れることができないということです。 病院に行かなければ処方をしてもらうことができませんから、ピルが欲しいと思うたびに病院を訪れなければならないため手間がかかってしまいます。 それだけピルというのは使用の際の注意が必要な薬ということになるのですが、ある程度長期間使っている女性からすると、面倒な手間を掛けることなく手に入

    記事の続きを読む


  • 2016年8月19日

    女性の頭痛に食後にピルを処方する

    最近の女性にとっては性行為をより多くするようになってきており、特に結婚前の女性でも積極的に男性と性行為をしている人が増えてきています。このような状態においては、男性がしっかりとコンドームなどの避妊具を付けてくれればよいのですが、逆に何も避妊具をつけてくれない男性も多いことから、女性自身は自分の身は自分でしっかりと守っていく必要があります。特に若い男女のカップルにおいてはどちらも仕事を始めて時間がた

    記事の続きを読む


  • 2016年8月19日

    ピルを忘れずに飲むコツの紹介

    ピルを飲むときには好きな時間に飲んでも構いませんが「毎日同じ時間に飲む」ことが重要になります。これはピルが体内の女性ホルモンの濃度をコントロールすることで避妊を行っていることが大きな理由です。飲む時間がばらばらになってしまうと体内の女性ホルモンの濃度がその日によって違ってしまいます。毎日午前7時に飲んでいる場合には一定の女性ホルモン濃度が維持できますが、昨日は午前7時、今日は午後10時というような

    記事の続きを読む